熊紋美子大好きの景色(その事実13)

拝啓 ○○美子 さま 私の手元に『マンガ能百番』があります。もとより、私が瀬戸内寂聴描く『秘花』の物語で世阿弥の晩年を知り得たとしてもいわゆる能など一度か二度しか観劇したことがあっただけで何も知りません。 しかし世阿弥の描く世界が花伝書を知らなくても、原太郎の講義録の新鮮だけは頭の片隅に残ったものです。 この本の…
トラックバック:0

続きを読むread more